top of page

サイクルラックのメンテナンスについて

更新日:4月23日



サイクルラックメンテナンス
スライドラックのコロ交換実施

ご使用されているサイクルラックの定期メンテナンスについてお話させていただきます。


垂直昇降式ラック、スライド式ラック、二段式ラックなど自転車を出し入れする時に可動するサイクルラックが増えてきています。

可動するサイクルラックを使用を続けていると経年による劣化摩耗により、使い始めた頃に比べ、がたつきが出てスムーズに動かない、動かすのが重たくなる、動作不良を起こす、無理に使い続け使えなくなる可能性があります。


駐輪場は居住者のみなさんが毎日使われる共用の場所のため、マンションによっては清掃をされているが、自転車が収納されていると清掃が行き届かず、ほこりが溜まっていたり、そもそも清掃もされていないマンションもあり、メンテナンスに関しては動作が悪くなってから依頼をされることが多いです。


依頼を受けた段階で確認をすると、補修が難しく自転車ラックを交換するしか方法がない場合も多く、管理組合にとって予定外の費用が発生してしまいます。


メンテナンスを定期的(年1回程度)することにより初期の動作不良(スムーズに動かない、動かすのが重たくなる)を修繕することにより、お使いのサイクルラックの状態を導入時に近い状態を保つことで長く使い続けていくが可能になります。また、必要な費用もある程度予測していくことで急な費用の軽減も抑えることができます。


鋼鈑商事ではメンテナンスも承っております。

自社オリジナル製品のサイクルラック・サイクルハウスだけではなく、他社製のサイクルラックも鋼鈑商事はメーカーでありながら商社機能も合わせ持っておりますので、様々なお悩みにご対応させていただきます。


メンテナンス内容についてはサイクルラックの種類により変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。


最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page